So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Old wise owl [England]

199? London England
3c.jpg

展示会用の写真に使った雰囲気のあるフクロウは
祖父の弟から本好きの祖父への贈りもの
退官記念にイギリスを旅したときのおみやげ
一対になったフクロウはブックエンドになっています。


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
KaoPoKの部屋 The chamber of KaoPoK
2011.6.22(wed)~7.4(mon)
@Sablier de verrier (覚王山・名古屋)
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2002.5 National Trust organizer [England]

湖水地方 HawksheadのNational Trustにて

110324_1705~02.jpg

オーガナイザーと名付けられたこのバック。
William Wordsworthゆかりの地、Hawksheadを訪ねたときに
National Trustのお店で見つけました。

Hawksheadには他にピーターラビットでお馴染みの
Beatrix Potter Garellyもあります。
確かPotterの原画がたくさん展示されていたかと。

Hawkshead.jpg
そしてお腹がすいたら Queen Headへ
宿泊も出来るPUBですが、夜は寝るより飲むって感じのお店でした。
手前に見えるのがNational Trustの看板。


さて、オーガナイザーの話に戻ります。
110324_1706~01.jpg
その名の通り多機能バック。
あれから10年経った今も活躍しています。
もっぱら海外旅行の友でしたが今回の地震後に
最低限必要なものをひとまとめして持ち歩くように。
私の場合、お財布、携帯電話、サングラス(乱視用)、
アレルギーなどの常備薬。メモ帳に小さなペン。
いつでもこれだけ持っていればというバックがあると
ちょっと安心できます。

110324_1707~01.jpg
そして自然に優しくなれる気がするNational Trustのマークも好きです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2009.7 Higgins Leaf Tea [England]

London Higginsにて

091001_0020~01.jpg
初めて訪れたコーヒーと紅茶のお店で
パッケージがかわいくおいしい紅茶に出会えました。

友人に頼まれた紅茶を買いにHigginsへ。
預かった地図ではわからず、Duke st.を行ったり来たり。
そしてやっと見つけました。
higgins1.jpg


さて、お店に入ると、まずは紅茶?珈琲?と聞かれ
紅茶をと答えると手前のカウンターでオーダーを聞いてくれました。
Higgins breakefast と Country blendをお願いすると、
Blue Lady というお茶もおすすめだよと。
花の香りのするお茶でしたので、夏のアイスティーとかに
いいかなと合わせて購入。

そして突然、「コーヒーは好きか?」と聞かれ、
好きだけど今日は買わないけど...と答えに困ってると
「好きか嫌いかどっち?」と。 
好きですと答えたところ
「じゃあ500g以上、紅茶かコーヒーを買うと地下のカフェでコーヒーが飲めるので
行っておいで」と、ラベルを貼り合わせた(だけの)引換券をくれました。
店内の螺旋階段を下って地下のカフェへ。

カンターに引換券を出すと、入れたてのコーヒーとビスケットが
運ばれてきました。
higgins3.jpg
こんなサービスが一番嬉しい。ちょっと一息できました。

higgins4.jpg
焙煎機でしょうか?カタチがかわいい。
higgins2.jpg
ディスプレイも素敵でした。

HIGGINSのホームページはこちら http://www.hrhiggins.co.uk/
nice!(14)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

2002.6 Wishful Thinking! [England]

London にて
亀好きの父へのおみやげ

090930_1238~01.jpg

父のおみやげを探しに立ち寄ったお店には
一癖ありそうなおじいさんが座っていました。
勇気を出して、亀を探してるんだけどと尋ねて出てきたのがこれ。
マーブル製のTreasure Jest(お宝箱?)だよと。
ほぼ一目惚れ。
090930_1243~01.jpg

中にはランニングシューズと速度制限30キロの看板が。
どうやらこのシリーズのセカンドエディションのようです。

連れ帰ってから7年。
かわいさだけでどういうものなのかよく知らなかったのですが
この機会にちょこちょこっと調べてみました。

Wishful Thinking! という名のこのフィギア
Harmony Kingdom社の1997年のコレクションで
その年打ち上げられた土星探査機Cassini(カッシーニ)の記念につくられたもので、
いろんなところにいろいろ彫られています。
090930_1241~01.jpg
1655 土星の輪を発見したC.Huygensの名前も。
090930_1243~02.jpg

150歳の亀さん今は父のコレクションボックスでひっそり暮らしてます。
090930_1240~01.jpg

タグ:旅みやげ
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

2006.10 Ex Libris [Italy]

フィレンツェ IL PAPILOにて

マーブル紙や木版紙やそれらを使った紙製品で有名なIL PAPIRO
フィレンツェの中に3店舗くらいあるので行ったことのあるかたは
どこかで目にしているかと。

090930_1231~01.jpg

そのIL PAPIROオリジナルのEx Librisです。
モチーフの可愛さはもちろんプリントやその色づかいもとても繊細で
お気に入りの蔵書票です。

090930_1232~01.jpg
そしてこんなかわいいパッケージに入ってます。

IMG_3070.JPG
IL PAPIRO
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2009.7 How to be British [England]

England Oxfordのgiftshopにて
英国好きの友人と自分へ
090927_1819~01.jpg

その名の通りどうしたらイギリス人になれるか。
ポストカードや本でシリーズ化されているものが
2010年のカレンダーに。
表紙はビールを何杯飲めば
イギリス英語が話せるようになるのか。
さて何杯でしょう?

090927_1820~01.jpg
こちらは、ちょっと老婦人に道を尋ねたら、
延々と道案内をされてしまって、結果道がわからず
タクシーを呼ぶっていうストーリー。
そうそう、ナショナルトラストとか品のいい老婦人がボランティアで
運営されている施設のショップとかでよく体験します。
でもこの親切さ、私は好きなんですよね。


他にもイギリス流のひねたユーモアがたっぷりのカレンダーです。
来年は毎月一歩ずつイギリス人に近づこうと思います。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2009.7 The designs of William Morris [England]

England Bexlleyheath Red Houseにて

モリスが設計から関わったRed Houseを訪ねてロンドン郊外へ。
img_5726.jpg
建物も内装もとても素敵でした。
今は日本でも巡回でアーツアンドクラフト展を開催していますが
いろいろ切り取られたモリスアートを見るより
ここで連続されたすべての世界を見る方が
よりモリスについて、アーツアンドクラフトの世界について
知ることができる気がしました。

National Trust が管理するこのRed Houseのショップで見つけた
小さなモリスブック。
090927_1816~01.jpg
ウィリアム・モリスがデザインした代表的な柄がぎゅっと詰まった1冊です。
£5.50とはお値打ちです。

中にはもちろんお馴染みの柄も。
090927_1817~01.jpg




nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

2009.7 Paddington Bear Bag [England]

London Paddington駅にて

久しぶりにロンドンへ。
行きの飛行機の中、甥っ子姪っ子のおみやげを何にしようかと考えていて
浮かんだのが、Paddington駅にあるPaddington Bear のカート
ヒースローエクスプレスで到着後、早速下見して見つけたのが
このかわいいバック。
paddington1.jpg

帰り道にこのバックとパディントンのソフトトイを買って帰途につきました。
空港の免税ショップでも扱いがなかったので、ここで探して大正解。


paddington.jpg
写真はPaddington Bearの銅像
なぜかペルーから「この子の面倒を見てください」というタグ付きで
このPaddington駅に到着したクマさんは親切なブラウン一家に引き取られて
Paddinton駅で見つけたからPaddingtonと名付けられ、いろんな冒険をするというお話。
いつもどこかの親子に囲まれていました。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2004.4 Summer Rose Note & Sachet [England]

England Derby downtownにて
IMG_4936.JPG
おみやげを探しに連れて行ってもらったのはダービーのダウンタウン。
インドのサリー用の生地を売っているお店やビーズやボタンのお店。
いろんなものを見てからより中心街へ。
Laura Ashleyのお店でサマーローズ柄のノート見つけ、数冊をお友達に。
同じシリーズのサシェも同じくおみやげに。
華やかで品のあるファブリックが揃うLaura Asheleyは
初めての海外だったアメリカ・ケンタッキーのダウンタウンにもありました。
ただのローズでなくサマーローズってところがガーデニングの国のこだわりなのかも。

最近は日本でも大型ショッピングモールに入っているようで
たまに覗いてみては楽しんでします。
nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

2008.2 squirrel candle [United States]

サンフランシスコにて

ロココチョコに出会ったサンフランシスコのベルオッキオ。
今回はかわいいリスに出会いました。

tennai2.JPG
お店にはちいさな扉がたくさんついたキャビネットがあって
その中のひとつを開けると、ひょっこり現れる小さなリス。

080711_2336~02.jpg
実はキャンドルです。


七夕の夜、我が家もちょっとだけキャンドルナイトに参加。
といっても、キャンドルで夜を過ごしたわけではなく
数時間、明かりを消して、愛犬とうたた寝を。

かわいいキャンドルほど、なかなか火を灯すことができませんが
いつか特別な夜に。


nice!(7)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。